末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

2007年

2007/06/18

 血液検査PDF
胃がん_血液検査胃がん_血液検査 クリックして拡大

 

約1ヶ月ぶりに父に会って驚いた。
抗がん剤の副作用で抜けていた髪が、すっかり生えそろっていた!
しかもまた少し太ったようだ。もうどこからどう見ても闘病前の父と全く同じである。

 

さて、本日は血液検査。以下、担当医とのやりとり。

 

D) …化学療法も一切やらず、こんなに長期間にわたってこのような良好な結果が続くとは、私も今だ経験したことがない。
もう、がんが、もしかしたら・・(沈黙)・・・・・・

 

私) もしかしたら、もう消えている可能性があるということか?
先生は以前『がんは絶対に消えない』と言っていたが、その『絶対=100%消えない』ということはまだ言えるか?

 

D) …いや、この状態だと、100%ということは言えなくなってきている…今日の血液検査の結果も非常に良好で、栄養もよく摂れているのがよくわかる。

 

医師は、今の時点で、がんが完全に消えているのでは?という思いを抱き始めたようだ。
はっきりとは言わないが、その様なニュアンスのことをボソボソと言っていた。
ただ、相変わらずどうしてなのか、どうしていいものか、全くわからないようであったが。
…ついでにこんなことを聞いてみた。

 

私) ところで、代替療法や免疫療法などに関して、先生はどう思うか?
D) …そういう『民間療法』といったものは、私が知る限りでは、月に何十万もかかって、高いわりにはそんなに効果はないと思う。
本当に効くものがあれば、今頃『薬』として認可されているだろう。
民間療法の足元を見るわけではないが、やはり効果というものはあまり期待できない。

 

…この担当医も、やはり標準療法(西洋医学)以外には目を向けないらしい。

 

ともあれ、経過良好でよかった。
現在父は、superAFTMを1日1包、夜に摂っている。
栄養がちゃんととれている…という結果も、この機能性食品+よい食事内容のお陰だろう。
酒・たばこもずっと絶っているし。(注;ゴルフのやりすぎはちょっと心配)

 

さて次回は10月ごろ、(とりあえずの)CT検査をするとの事。

2007/09/28

CT検査診断レポートPDF 血液検査PDF

 

胃がん_CT画像

CT検査は5月8日以来だ。10月15日、9/28に行ったCTおよび血液検査の
結果を聞きに、病院へ出向いた。
以下、医師と私のコメント。(D=医師)

 

D) 相変わらずいい状態。リンパの部分も小さくなっている。悪くはなっていない。他に転移もしていない。
腫瘍マーカーの値もまったく問題ない。ずっと低いままだ。今のところ、経過は非常にいい状態。

 

 

(医師の言う「リンパの部分が小さく〜」というのは、最後まで残っていた部分だが、この部分が「がん」であるというのは、すでに言えない状態であり、ただ単に多少腫れているというだけのようである。その「腫れ」の部分が小さくなってきているということのようだ)

 

私) 今の段階で「寛解」と言えるのであろうか?

 

D) 手術で切り取って3〜5年たっても症状が現れない状態をもって「寛解」というので、今の段階では「寛解」とは言えないと思う。だが、だいぶいい状態であるのは間違いない。

 

(「寛解」の定義も、医師によってまちまちのようである。おおむね、父のような状態を「寛解」というようであるが…3〜5年この状態が続いたら「完治」と定義されることも多い)

 

私) この、いい状態が何年も続くということはあり得るか?

 

D) あり得ることではある。油断はできないが。
それも、抗がん剤を使って保つのか、あるいはお父様のように使わずにいくか…おっしゃる通り、抗がん剤を使うと、元気がなくなる、食欲がなくなる、より病気が悪化するというのは事実。私も実は、その意見に納得する部分もある。

 

私) 父は好きなゴルフもたくさんやって、充実した毎日を送っている。

 

D) 非常に充実しているようなので、とてもいいと思う。
抗がん剤を使っていると、こんなに調子はよくないだろうから。

 

今回医師は、「抗がん剤をやらない患者のメリット」を明らかに確認したようである。
今までは口にしなかった、「父の、無治療でのQOLの充実」を認めていた。

 

実は、今回の検査結果がでるまで、私は「再発している可能性大」と考えていた。
なぜなら、父は、連夜の飲酒・仕事も朝から夜遅くまでフル稼働・休日ゴルフ三昧と、発病前と変わらない生活スタイルに戻りつつあったのだ。
…がんはそんなに甘くない。これでまた再発してしまうかも…と、一人不安を抱えていた。

 

だが、結果は「白」。
幸運にも、がんは再発していなかった!
上記のような生活をしていたにもかかわらず、である。
父は、superAFTMは、必ず毎日1包摂っていた。

 

いくらなんでも、ほんの数か月前まで、ステージ4の胃がんで生死の境をさまよった人が、こんな生活をおくったら、再発はまぬがれないと思うところだが、やはりsuperAFTMのパワーは並々ならぬものがあった。
父の体内で、そんな生活にも負けない免疫活性を施していたのであった。

 

改めて、その力のすごさを知った次第だ。

 

次回CT検査は来年、2008年1月に行う予定。
医師との会話

※本サイトに掲載の写真、PDFファイルの無断利用(転載、複製、販売、貸与、出版、放送等)を堅くお断りします。


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム