末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

2010年

2010/01/06

CT・血液検査診断レポートPDF

 

医師との会話(抜粋)

D) 体調はどうですか?

 

父) 風邪もひかず、全く元気ですよ。

 

D) 今回の検査結果も、全く問題ありませんでした。 非常にいいですね。
無治療で3年間再発がないので、ほぼ完治と言ってよいでしょう。
次に行う検査に内視鏡検査も受けてみてはどうですか?

 

父) では次回(2010年7月予定)の検査に内視鏡もやってみます。

 

D) 苦しくないように一時的に眠る薬使いますか?

 

父) そういうのは使わなくていいです。
腕のいい先生に診てもらえば苦しくないでしょ??(笑)

 

私) (笑)

 

D) そうですね。○○先生は上手なので、すぐに終わってしまいますから大丈夫ですよ。

 

父) では次回お願いします。

 

…このような感じで今回の定期検診は終了しました。

 

半年前、「完全寛解」という言葉をもらい、今回「ほぼ完治」と診断されました。
本当に嬉しい限りです。

 

父は、今年で発病から4年目に突入です。
2006年12月初期の診断で、進行胃がん、多発LNs転移、腹膜播種、腹水あり、ステージ4と診断され、“余命宣告”を受けた現実。
そこから丸3年が経過し、2010年1月、「ほぼ完治です」という言葉をもらえた事実。
「人間力」の凄さ!を実感しています。

 

父のがん治療暦
  • 放射線治療 

    2006年12月25日開始〜2007年2月2日(全25回)で終了。

  • 抗がん剤治療 

    2006年12月25日〜2007年1月22日、3クール目で打ち切り。

使用した機能性食品―()は使用期間

 

現在取り入れている健康を促進する食品
  • フラックスシードオイル(亜麻仁油)
  • ブラックジンガー(玄米珈琲)
  • ブロッコリースーパースプラウト
  • 温泉水99

がん患者の生活の心得〜Life Style〜参照

 

今思う、父が完治したワケ

2010/07/01

CT検査診断レポートPDF  血液検査PDF 胃内視鏡検査PDF

 

2010年1月6日以来、約半年が経ちました。
この間父は、風邪一つひかず、元気に毎日を過ごしています。

 

今回はCT検査・血液検査に加えて、胃内視鏡検査も行いました。
(内視鏡検査は2007年1月16日を最後に1度も行っていませんでした)
 胃がん_CT画像
胃がん_CT画像 

※写真は内視鏡検査画像

まず7月1日にCT検査と血液検査、7日に内視鏡検査。
7月7日(七夕ですね)は、午前に内視鏡検査、午後にCT・血液・内視鏡の検査結果を聞きに伺うという、ちょっと大変な一日でした。

 

以前の主治医は異動してしまい、今日は初顔合わせの新しい先生。
以下、主な会話内容。

 

D) 内視鏡が終わったときに、内視鏡担当医から話はありましたか?
父) 簡単な説明は聞きました。

 

D) 一応、3年5ヶ月経ちまして、今回もCTにも胃カメラにもあきらかな再発はありません。
なので、あと2年再発がなければ、根治でいいかと思います。
あと2年の内に再発があれば、またご相談ですね。

 

父) はいわかりました。
D) では来年の1月に今まで通り検査予約を入れておきます。

 

こんな感じの内容でサラッと終わりました。
最近父のライフスタイルが以前(発病前)の状態に近くなっているので、私としてはかなり心配していたのですが、今回も大事なくホッとしました。

 

 

担当医のコメント「あと2年間再発がなければ根治としても良いかと思います」について

がんと診断された当初(2006/12)は、担当医から「ステージ4の進行胃がんで、他にも転移だらけであり、もう根治ということは絶対にありえません」とはっきり言われました・・・

 

父は、2007年2月2日ですべての西洋医療(抗がん剤や放射線など)による治療を途中で取りやめています。
それ以降は無治療、そして良質の機能性食品を摂り、食事をはじめとする「生活習慣を改善する」ことでここまでになりました。

 

担当医の言うとおりにならなかったことは、私たちにとってはうれしい誤算でしたが、当時、余命宣告を受けたことを思い出すと心の底から、現在闘病中の方・そのご家族の方に向かって「声を大にして」言いたいと思います。

 

100%医師の判断が正しいとは限りません。

医師の余命宣告ほどあてにならないものはありません。

だから絶対にあきらめないでください。

すべてを病院まかせにしないで、自分にとって最良の治療法をさがしてください。

がん治療は「三大療法(手術・化学療法[抗がん剤]・放射線)」のみではありません。

食事という処方箋も忘れずに!

このサイトをみて、「あなたの父は奇跡(偶然)だよ」と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

父の完治は必然的な結果です。

がんは絶対に治らない病気ではありません。

 

※本サイトに掲載の写真、PDFファイルの無断利用(転載、複製、販売、貸与、出版、放送等)を堅くお断りします。


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム