末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

2011年

2011/01/19

CT検査診断レポートPDF  血液検査PDF

 

胃がん_CT画像 
2011年1月19日(水)、半年ぶりの定期検診です。

 

1週間後の26日午後、検査結果が出ました。
今回も転移、再発なし、血液も問題なし。

 

今年、ひとつの目標であった5年が経ちます。
はや5年・・・されど5年。。。
様々な思いが頭をよぎります。

 

ここ何年か、父は風邪を引くことを忘れてしまったようです(笑)。
家族の中で一番元気です!
まだまだバリバリ働いています。

 

もちろんインフルエンザ予防注射などもしていません。

 

祖母も89になりますが、同じく予防注射はせず、父と同じ機能性食品を摂って、毎日の健康を維持しています。

 

まさに「元気があればなんでもできる」ですね。

2011/07/27

血液検査PDF 胃内視鏡検査PDF

 

胃がん_CT画像 

 

2011年7月27日(水)、恒例:半年ごとの定期検診です。

 

検査は血液と胃内視鏡です。
PDFをご覧の通り、再発を疑わせるようなものはありません。

 

今回からまた主治医が変わりました...以前の状況を伝えながら説明を受けます。

 

診断のところに「萎縮性胃炎(0-III)、胃潰瘍瘢痕 胃がん化学療放射線療法後瘢痕」と書いてあったので、
“胃潰瘍にはなっていないのですが、瘢痕とはなんのことでしょうか?” 
と、医師に聞いてみたところ、
“以前がん細胞があった瘢痕のことです。今回も問題ありません。
血液結果(がんマーカー)も特別問題ありません。”
ということでした。(ちょっと紛らわしいです…)

 

定期検診も5年目が終了です。
これを区切りに、今後の検査は「1年に1度のみ」とすることにしました。

 

 

※本サイトに掲載の写真、PDFファイルの無断利用(転載、複製、販売、貸与、出版、放送等)を堅くお断りします。


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム