末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

腸内細菌とは?機能性食品との関係〜Intestinal flora&functional foods〜

健康維持を考えるうえで、腸内細菌のバランスは大変重要。
腸内細菌は、摂取された食べ物の成分や、腸内に分泌・排泄される生体成分を、いろいろな物質に変換し、生体の栄養、老化、発がん、免疫などに大きな影響をおよぼす。
腸内細菌のバランスを改善し、腸内環境を整えることが、生活習慣病を予防するためにきわめて重要であることが近年明らかになり、そのことが、機能性食品開発の一大動機となったという。

 

▼のタイトルをクリックしてすすむ

01_腸と腸内細菌(腸内フローラ)

腸内細菌の働きと種類腸内には1000種類、1000兆個もの微生物が棲みついています。これらの微生物は種類ごとに一定の場所に棲んでいることから、その様子をお花畑にたとえて「腸内フローラ」と呼ばれます。これらの微生物はビフィズス菌を代表とする善玉菌大腸菌、ウェルシュ菌といった腐敗菌などの悪玉菌普段は善悪...

≫続きを読む

 

02_機能性食品〜食品の生体調節機能とは?

かつて、食品の『からだに対する効果的な機能』とは栄養機能―栄養になるか?感覚機能―おいしいか?という2つの価値だけを中心に考えられていました。ところが近年、食品によっては、もう1つの機能生体調節機能を備えていることが明らかになってきました。機能性食品とは、この第三の機能『生体調節機能』を持った食品の...

≫続きを読む

 

03_プロバイオティクス/プレバイオティクス/バイオジェニックス

プロバイオティクス―Probioticsプロバイオティクスは生きた状態で摂取すると、腸内の有用菌の繁殖を促進したり、有害菌の増殖を抑制したりして、健康に有利に働く細菌や酵母と定義されます。乳酸菌、ケフィア菌、納豆菌、酪酸菌などの生きた細菌や、発酵乳、乳酸菌飲料などがこの仲間です。プロバイオティクスを...

≫続きを読む

 

 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム