末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

01_腸と腸内細菌(腸内フローラ)

腸内細菌の働きと種類

腸内には1000種類、1000兆個もの微生物が棲みついています。
これらの微生物は種類ごとに一定の場所に棲んでいることから、その様子をお花畑にたとえて「腸内フローラ」と呼ばれます。

 

これらの微生物は

  • ビフィズス菌を代表とする善玉菌
  • 大腸菌、ウェルシュ菌といった腐敗菌などの悪玉菌
  • 普段は善悪どちらでもない顔をしていて体調が崩れたときに悪玉菌になってしまう日和見菌

の3つに分けられます。

 

さらに最近では、これら3つの菌のほかに、「土壌菌(土の菌)」を主とした(培養できない)腸内細菌が、上記のさらに数倍いることがわかってきています。
土壌菌の作用はまだわからないことがほとんどのようですが、外から取り入れるこの土壌菌によって、腸内のほかの菌が活性化し、免疫力がさらに発達すると考えられています。
一番簡単に土壌菌を取り入れるには、「野菜の土を洗いすぎないこと」。
なお納豆はほとんどが納豆菌と土壌菌です。

 

分類

代表的な菌

作用

身体への影響

善玉菌

・ビフィズス菌
・乳酸菌

ビタミンの合成
消化吸収の補助
感染防御
免疫刺激

健康維持
老化防止

悪玉菌

・ウェルシュ菌
・ブドウ球菌
・大腸菌(有毒株)

腸内腐敗
細菌毒素の産生
発がん物質の産生
ガス発生

健康阻害
病気の引き金
老化促進

日和見菌

・バクテロイデス
・大腸菌(無毒株)
・連鎖球菌

 

健康な時はおとなしくしているが
身体が弱ったりすると
腸内で悪い悪い働きをする

その他の菌 ・土壌菌   腸内フローラを活性化し、間接的に免疫力を高める

 

腸内細菌のバランスというのはこれらの割合のことで、これが崩れると健康への影響や老化といった現象につながります。
年齢でも腸内細菌のバランスに変動を与えますが、それ以外の要因でも腸内細菌のバランスが変わってきます。
自分の腸内細菌のバランスは、便をみれば一目瞭然⇒バナナのような便がスムーズに出れば、バランスよし。そうでなければ何かしらバランスが崩れているということ。

 

ちなみに普通の便の中身は、80%が水分、残り20%のうち、1/3が食事の残りかす、1/3が腸で古くなった細胞、残り1/3が生きた腸内細菌!なので、便を調べれば腸内細菌バランスが分かるのだそう。

 

赤ちゃんがなんでもなめたがるワケ

お母さんの胎内では無菌状態(免疫ゼロ)、生まれてきたらあらゆる菌に対抗できる体を作らなくてはならないため、いろんなものをなめて、土壌菌、悪玉菌などをわざわざ身体に取り込み、免疫力を発達させているのです。善玉菌はお母さんのおっぱいを飲むことで増えていきます。
なので赤ちゃんの食べるもの触るもの全てを「無菌」にしてしまったら、赤ちゃんの腸は正常に発達しません。アトピーといったアレルギーの赤ちゃんの多くは大腸菌がほとんどいない、といった状態のようです。ですから、不潔なようではありますが、あかちゃんには自然に好きになめさせることはとても大切なのです。
大人も同じで、なんでも「殺菌!」「抗菌!」すると、腸内細菌はもちろん、肌の美と健康に重要な常在菌などもいなくなって、不健康につながってしまいます。

 

 

悪玉菌が増える原因と悪玉菌の作用

飲酒、ストレス、偏った食生活、加齢により、善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。
また、抗生物質の投与などがあると、腸内細菌が減り、そのときにバランスの取れた食生活をしていなければ、善玉菌よりも悪玉菌が多い状態に変わってしまうのです。

 

若年者でも、食生活の偏りやストレスなどで、高齢者に近い腸内環境となりえます。
風邪や口内炎にかかっている人は、ビフィズス菌が減り、大腸菌や腸球菌が増えていますし、便秘や下痢の時にも同じ傾向を示しています。
抗生物質、ステロイドホルモン、免疫抑制剤、放射線治療などにより、病原性菌を増加させることが分かってきています。

 

悪玉菌はストレスによっても増えます。ストレスは腸内細菌のバランスを崩すからです。

 

腸内悪玉菌はたんぱく質や脂肪を好み、これを分解して、アンモニア、硫化水素、アミン、フェノール、インドールなど、いろいろな腐敗産物をつくり、種類によっては細菌毒素や発がん物質までつくってしまいます。

 

これらの腐敗産物は腸管自体に直接障害を与えるだけでなく、一部は吸収されて、時間が経つにつれ、肝・膵・心・腎・脳・生殖器など各種臓器に障害を与え、発がん、動脈硬化、高血圧、肝臓障害、自己免疫疾患、免疫機能低下を引き起こし、生活習慣病を促進します。

 

 

善玉菌のはたらきと腸管免疫

一方、腸内善玉菌であるビフィズス菌は糖質(オリゴ糖など)を好み、それを利用して乳酸や酢酸をつくって、腸内を悪玉菌が増殖しにくい酸性環境に導きます。
これが腸内クリーニングです。
ビフィズス菌の菌体に含まれる物質が、からだの免疫力を高め、感染症やがんを予防することもわかってきました。

 

腸内細菌のバランスは、体の実に80%もの免疫が集中している「腸管免疫」のはたらきにも大きく関わっています。
善玉菌が優勢になれば、腸管免疫系を刺激し、活性化します。

 

からだの中で最も大きな免疫装置である腸管免疫系を左右するということは、言い換えれば腸内細菌は体全体の免疫機能を左右するということなのです。

 

 

近年、このように腸内フローラが宿主の健康・疾患に密接に関係していることがわかり、腸内フローラのバランスを改善することが、腸管免疫を高め、生活習慣病を予防するためにきわめて重要であることが明らかになりました。
 
このことが、機能性食品開発の一大動機になったようです。

 

腸内細菌が性格に影響

腸内細菌が性格まで影響していることがわかってきたといいます。
カナダ マクマスター大学で行われたマウスの性格に関する実験では、臆病なマウスに活発なマウスの腸内フローラを、活発なマウスに臆病なマウスの腸内フローラを移植したところ、臆病なマウスが活発に、逆に活発なマウスは臆病になったということでした。

 

またカリフォルニア工科大学エレイン・シャオさんの研究によると腸内細菌の排出するする物質4EPSがコミュニケーション能力を妨げることがわかりました。

 

腸は脳に次いで神経細胞が多く腸管神経系と呼ばれています。
腸内細菌が排出する物質には神経細胞を刺激するものが数多くあることがわかりました。
…そういえば、極度に緊張すると下痢したりしますね。
それも腸の神経細胞の作用ということですね。

 

腸内細菌が排出する物質の刺激は、実際の脳に伝わり、感情に影響を与えると考えられています。
そこで腸内細菌をうつ病の治療に使う研究も始まっています。

 

腸内細菌が脳に影響を与える研究は、ここ2、3年に多くなされるようになってきており、脳に影響を与えることは間違いないと考えられています。

 

 

腸内細菌が人の脳をコントロール?

こうなると腸内細菌が人の脳をコントロールしているのでは?という考えも出てきますが、そうではなく人が腸内細菌を選んでいるそうです。

 

細菌は大きく分けて70グループあるそうですが人の腸内にいるのはその中で4グループだけなんだそうです。つまり人はこの4グループだけ、長い人類の歴史の中で都合がいい細菌だということで許したと考えられるそうです。

 

取り込むしくみは、IgA抗体によって行われていました。IgA抗体が選んだ菌にはIgA抗体がはりつき、腸の粘液層に取り込むというものです。

 

 

人は、腸内細菌と共生しており、腸内フローラはとても大事なパートナーだということです。
今後更に腸内フローラの研究が進み、医学や美容に大きな影響を及ぼすことは間違いないようです。

 

年齢と腸内細菌の構成

 

 

*NHKスペシャル「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」より抜粋

 

おまけ…腸は「第2の脳」とありますが、実は脳より腸の方が賢いです

例えば、腹十分食べて満腹、そんなときでも好物のデザートを出されたら、脳はその欲求によって、デザートを食べようとします。
胃はもう悲鳴をあげていても、です。
脳は欲求に弱いのです。内臓の状況を考慮することはありません。

 

それに対し、腸は、自身の判断によって防御活動を行い、体を守ってくれます。
食べ物と一緒に有害物質が侵入すれば、腸はこれを察知して、自分で大量の液体を分泌し、下痢を起こさせて毒物を体外へ排泄してくれます。
下痢は生体の防御反応として極めて重要な働きなのです。
もしこの働きが無ければ、私たち人間はたちまちに死んでしまうでしょう。

 

それだけではなく、腸内の消化活動は、脳ではなく腸が命令を出して行われているのです。
腸の中に食物が次から次へと運ばれてきますが、腸はその栄養成分や化学成分をいち早く分析し、膵臓、肝臓、胆嚢に命令して、適切な反応を引き起こさせます。
たんぱく質や脂肪が入ってくれば、膵臓に命令してそれを分解してくれる酵素を腸に分泌させ、胆嚢に指示して胆汁を腸に流し込む、ということを腸は自身で行ってるのです。

 

 

 

おまけ2…大豆イソフラボンの効果(女性の美容と健康)と腸内細菌の関係

腸内細菌は、人が食べたもの(主に食物繊維)を栄養にして生きています。
腸内細菌によって、食べたものが発酵分解されるとき、様々な物質を排出します。
この「腸内細菌から排出される物質」が人には重要なのです。

 

代表的なものが、食べた「水溶性食物繊維」が発酵分解されて生成される『短鎖脂肪酸』。
短鎖脂肪酸以外にも細菌が排出する物質は様々発見されており、その物質が老化予防、糖尿病予防、アレルギー予防などをもたらすといいます。

 

ところで、「大豆イソフラボン」を摂ると、女性の美容と健康をサポートしてくれるというのはよく知られています。
実はそれも、腸内細菌が大きく関わっているのです。
大豆イソフラボンに含まれている主な成分に「ダイゼイン」というものがあり、ダイゼインはエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌の働きによって「エクオール」とよばれる代謝物へと変化して身体の中へと吸収されます。
このエクオールに、肌のシワ改善、月経前や更年期の不調軽減、顔のほてりを抑える、骨密度低下を防ぐ、メタボの予防・改善、といった効果があります。

 

つまり、大豆を食べて、腸内細菌によって「エクオール」に変化させて初めて、「女性の美容と健康をサポート」してくれる効果が現れるということ。

 

ところが、エクオールを体内で作ることができる人とできない人がいるのです。
エクオール産生菌がいない人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)のまま吸収されてしまいます。

 

エクオールを作れる人は、日本人の場合約半分程度、欧米人は20〜30%だそう。
国内であれば関西より関東の方が多いという調査結果もでています。
日本のほかで、エクオールプロデューサーが多い国をみると、中国や韓国、台湾など。
国や地域による差は、食生活とも非常に深く関わっており、納豆や豆腐といった大豆製品の摂取量や食生活による腸内環境の違いが原因ではないかと考えられています。

 

日本人の割合は欧米よりは多いですが、なんと10代20代の若い世代は、20〜30%程度、つまり欧米人と同じくらいの人しかエクオールを作れていないという研究が報告されています。
これも食生活の変化が原因のひとつで、例えば豆の摂取量は、60代が最も多く、若くなるにしたがって食べる量は減っています。
腸内細菌のエサとなる食物繊維も、60代の方が最もたくさん食べています。
若い人との差は、1日5g(レタスまるごと1個分相当)。

 

エクオールを作れる人の割合は、大豆製品をあまり食べない人は24%、ほとんど毎日食べている人は50%と、大豆製品を食べる頻度で2倍も違う結果も出ています。
納豆などの大豆食品を毎日食べることは、エクオール菌にしっかり活動してもらうために大切なことのようです。

 

腸内環境は日頃の食生活の積み重ねで形成されてきたものなので、すぐに変動するものではありませんが、豆類、根菜や海草、キノコなど、食物繊維の豊富な食材を毎日の食卓に取り入れることで、少しずつ改善していくことができます。
腸内細菌の恩恵を受けるためにも、今日から毎日の食事を見直してみましょう。
*とくに小児期の食生活は腸内細菌の形成に重要です。子どものうちから毎日の献立に大豆や野菜を取り入れることは大切なのです。


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム