末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

コラム〜COLUMN〜

今思う、父が完治したワケ〜がんサバイバーの共通点

父が劇的な回復を果たし、寛解、そして主治医からほぼ完治と診断されたのが、2010年1月。父の発病からこれまで、私は父の状態に常に気を配り、がん・健康に関する情報を調べたり、がんにかかわる多様な方々から情報を得たりし、知識を深めてきた。そして「末期まで進行してしまったがん患者の父が、なぜ、劇的な回復を...

≫続きを読む

 

なぜNEWsuperAFTMを選択したのか?

父の発病当初、医師から、治療を施しても治る見込みはないことや余命を告げられたとき、このまま治療を医師に委ねるだけでは、まさに医師の言うとおりとなってしまうと考えました。何としてでも父を助ける!その強い思い一つだけで、ネット上を彷徨い、さまざまな書籍を読み、色々な方の声に耳を傾けました。始めは暗中模索...

≫続きを読む

 

Jack's monologue

現状日本の医療界において、「がん細胞」は、一度犯されると際限なく広がり、切りとる以外は、効くかどうかわからないクスリで抑えるしかない、転移したり再発などしてしまえば、もう「不可逆性」=元に戻らない、つまり、基本的に“治らない”病気とみなされています。クスリが効かなければあとは手の施しようがなく、でき...

≫続きを読む

 

 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム