末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

Jack's monologue

現状日本の医療界において、「がん細胞」は、一度犯されると際限なく広がり、切りとる以外は、効くかどうかわからないクスリで抑えるしかない、転移したり再発などしてしまえば、もう「不可逆性」=元に戻らない、つまり、基本的に“治らない”病気とみなされています。

 

クスリが効かなければあとは手の施しようがなく、できることといえば緩和ケア。
医学部ではそのように教わり、その知識しか持ち合わせない医師のもとで研修し、そして、その知識しか持ち合わせない医師がまた増えるわけです。

 

日本にいるほとんどの西洋医療の現場の医師は、がんに対してそのような考え方でいると思います。
そして、そのような医師のほとんどが、自分たちが勉強してきたこと以外を受け入れようとせず、特に「代替医療」については概ねいい顔をされないでしょう。

 

でも、私の父を含め、実際に「完治した」がんサバイバーは沢山いるわけです。
初期で簡単な手術で治ったという方をのぞき、進行がん、あるいは末期がん、転移、再発の患者さんで「完治」された方というのは、皆さん「西洋医療の医師に100%頼らない」ことを何かしら実践されています。

 

医師のおっしゃるように「健康食品で絶対根治しない」というのは、私も実際そうだと思います。
ただし、私の考えは「健康食品『だけ』では根治しない」です。
そして「西洋治療=薬漬けではもっと悪くなる」です。

 

「健康食品にだけ頼っていてはがんには太刀打ちできない」ということを申し上げておきます。

 

なぜがんになったのか、その大原因を正す生活にしなければ、がんを克服することはできません。
食事をはじめとする生活習慣、精神状態、さまざまな角度からアプローチすることが肝要だと考えています。

Jack's monologue2

父のがん闘病を経て様々な事を学んだが、一番大きな問題は「日本における現代の医療現場のあり方」だと実感した。
私は医療従事者や研究者ではないので、あくまでも「患者」「患者の家族」として、感じたこととして記載しておく。

 

現在の日本の医療者は、基本的に「EBM…Evidence-Based Medicine」(直訳すると『化学的根拠に基づく医療』)が浸透している。
つまり、臨床試験の裏付けがない限り、医療の根拠とするべきではないとされる。

 

エビデンスはエビデンスで、とても重要なことであると思う。

 

だが今、その科学的根拠の裏付けがあるはずの「抗がん剤」や「放射線」だけで、あるいは「手術」で、果たして進行性や終末期のがんを『完治』させることは可能なのか?
現代医学では、それは不可能に近い。

 

だが医療者の多くは、「科学の進歩」の上にあぐらをかいて思い上がり、何もわからない患者を見下し、ただただ「そこに病気があるから治療する」という条件反射的治療を施しているようにみえる。
患者は患者で、「お医者様に任せておけば安心、今の医療はすすんでいるから、絶対治してくれるはず」と信じて、黙って医師にすべてを任せる。

 

最後まで『お医者様は絶対的存在』という幻想は持ち続けたままだ。

 

そういう両者の『錯覚』『幻想』が、不幸な結果を生んでいることが多いのではないか。
医師は「現代西洋医学がすべてである」という錯覚は正すべきだ。
そして「金と名誉にまみれた、医者の、自己満足のための医療」を正し、「患者の人間性を主体」とするという考えをもつべきではないのか。

 

患者は患者で、自分の体のことなのだから、自分のことは自分で決めるべきだ。
それをサポートするソースの一つが医師であり、納得できるまで話を聞く。
押しつけられたり、何もわからないまま治療されるというのはおかしい。
自分でも情報を集めて、自分にとって一番いい治療方針を決めていく。

 

忘れてはならないのは、どういう治療であれ最終的に「病気を治す」のは、医師でも薬でもなく、“患者本人の体”ということだ。

 

今から2400年も前の「ヒポクラテスの誓い」の一節に「私は、自分の能力と判断に従い、患者の利益となると考える養生法をとる」とある。
現代の日本で行われている医療は、このようなことが全く欠落しているように感じる。

 

今求められるのは、現代版「ヒポクラテスの誓い」を持った医療だろう。

 

がん含み、病気が治るためには元気にならないといけないはずだが、果たして現状の標準治療は「元気になる」治療法であろうか?
逆に「元気をなくす」治療だと、父を通じて確信した。
その時点で、西洋医学の治療法は「患者の利益」に対しても矛盾が生じている。

 

今、このような日本の医療に、すべてを任せるのは危険ではなかろうか??

 

免疫細胞を含む健全な細胞まで破壊され、体力が衰えていく現在の治療法で結果が伴わないのはもう充分わかっているはずだ。
アメリカを始め世界各国が本腰を入れて取り組んでいる、人間本来の回復力を向上させる点に着目した新たな治療法を、もう日本においても本気で取り組むべきだろう。

 

患者の目的はただ一つ、「元気になること」。

 

患者一人一人がもっと自分の身体に耳を傾け、もっと身体を意識し、現状の医療の問題点に疑問を投げかければ日本も変わってくるのではないだろうか。

 

2人に1人ががんになる今の時代、金と名誉と階級制度にしばられて国民を見殺しにしている場合ではない。

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム