末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

01_プロローグ〜母からの電話

2006年12月中旬

 

実家から離れ、一人暮らしをしていた私の所に母から電話。
父の具合がよくなく、しばらく仕事を休んでいるという。
父は、根っからの仕事人間で、物凄い忙しい人だ。
休みの日はゴルフに出掛け、家にいるということがほとんどない。
父が仕事を休むというのは、何年かに一度、よほど具合が悪いとき以外無い。
その父が「しばらく仕事を休んでいる」というのは、にわかに信じられない話であった。

 

これはよほどのことだ。
取り敢えずは、近くの個人病院で診て貰った。
下痢がしばらく続いていたのだが、診断は 「風邪からくる下痢」…そして鎮痛剤を処方してもらった。

 

当時の父の症状は、食欲がなく、ほとんど食べられない→激痩せ・下痢・発熱・胃の痛みであった。

 

実は今年の1月ぐらいから、慢性的に胃の痛みがあったらしい。
父は、なまじ我慢強いのと、医者嫌いなのとで、放っておいたということだった。
また、会社での定期健診はもちろんあったのだが、内視鏡検査などは「大丈夫だから」と、あえてやらなかったということだ。

 

個人病院での「風邪からくる下痢」という診断に疑念を持った母たちは、父を無理やり、県下でも有数の総合病院に連れて行った。
そこで内視鏡始め、CT検査などをした。

 



 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム