末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

03_一条の光

2006年12月19日

 

「絶対に治す!」と心に決めたものの、医師から「もう根治の手立ては無い」と言われ実際のところ、かなり参っていた。

 

何かしら手はないかとネット上を彷徨った。
ネットには、本当に色々な情報が氾濫している。
「がんに効く!」という名目で、様々な健康食品も売られている。
でも、どれが効くのか、何がいいのか、皆目見当がつかない…

 

あれこれ調べるうち、今まで知らなかった「がん」に対する取り組み方が見えてきた。
俗に言う医者の治療=西洋医学 だけに頼っていては助けることはできないということ。
がん治療には、「東洋医学」「免疫療法」など、色々な治療方法があり、実際に効果をあげているものがあるということ。
化学療法(抗がん剤)や放射線の固形がん(胃がん含む)に対する効果の低さとその副作用の怖さなど。

 

そうやって連日ネットを徘徊する内、難病・末期がんからの生還というサイトを見つけた。
その内容を隈なく読み進むうち、私は「これだ!!」と確信した。

 

それが、米ぬかを原料とする免疫強化食品:superAFTMとの最初の出会いだった。
superAFTMについて詳しくはこちら

 

まずは、この食品の主成分、低分子ヘミセルロース誘導体について、どのようにがんにいいものなのか、様々な角度で調べてみた。

 

開発者:前田浩明博士の論文、様々な臨床試験、製造の過程、原料、現代医学の限界とがん治療の実情、人間が本来持つ免疫力がいかに大事かということ、ヘミセルロースそのものは、分子が大きく、そのままでは吸収されず意味がないこと、酵素反応によって有効性を保ったまま低分子化されて初めて体内に吸収され効果が出ること、安全性、副作用の有無、そして、実際に使用し効果をあげた方々の声…

 

…調べれば調べるほど、私の確信は更に高まっていった。
「これに賭けるしかない」との思いで、そのHPの作者の方へメールをした。

 

返事はすぐに頂いた。
その方は、ご尊父が末期がんに侵されたが、市場には出回っていない、低分子ヘミセルロース誘導体を摂って、入院からわずか4ヶ月程で、がんが完治したという経験をされている。
ご自分の体験を交え、この製品の入手方法から、がんを克服するまでの注意事項など、とても詳しく丁寧に教えて下さった。

 

そして私は教えていただいた専売社へ電話をし、まずカウンセリングで専門家に色々アドバイスしてもらい、サンプル&資料を送ってもらった。
資料を手にした私は、それを隅々まで読み、この製品への期待を益々高めていた。
---「父のがんを治すために、これに賭けてみよう」

 

未知なる可能性を信じ、私は一人、心に誓ったのだった。

家族の反応

 

当初は私一人で、この治療法を進めるつもりであった。
だがやはり、今後の治療や金銭的な面も含め、家族の同意を得る必要があった。

 

・・・だがこれが中々難しかった。

 

患者本人の父は、かなりの頑固者なので、家族があれこれ飲めと言って聞く人ではない。
まずは母に話してみることに。
superAFTMは、何しろ値段が高い。
病院の治療費の事もあるし、やはり最初はいい顔をされなかった。

 

母は父親(つまり私の祖父)を肺がんで亡くしている。
先日医師に言われた事もあって「がんは治らないもの」という固定観念が強く、「医者がああ言っているのだから…」という諦めも強かった。
どうしても「医者の言うことが絶対」という頭があり、私が効果を説明しても「そんなもので治るなら医者はいらない、健康食品会社のいい儲け話だ」という考えだった。

 

姉は、私が何か危ない宗教もしくはねずみ講にでも引っかかったのではと思っていたほどだ。
それを心配して、義兄が一生懸命ネットで調べていたらしい…
でも、私が教えてもらったsuperAFTMについては、当時インターネット上に専売代理店のサイトやその他の情報がなく、義兄も見つけることはできなかった。

 

私は、先のHPの内容や実際に使った方々の症例を家族に見せ、安全性や効能など事細かに説明し続けた。
また、現代医学の限界や化学療法や放射線の怖さ、免疫力がいかに大事かということなど…
そして「今現在“延命治療”でしかないのなら、駄目で元々でいいから、できるだけのことをしてあげよう、それでも駄目なら諦めもつくだろう、今医者の言うことだけ聞いて諦めるのには時期尚早だ、俺は絶対に治してみせる!」と言い切った。

 

次第に家族も理解を示してくれた。

 

治らなくとも、抗がん剤の副作用が軽くなるということだけでも、本人や家族にとっていいことである。
治るか治らないか、それは未知ではあるが、少なくとも体に害になることはないなら、その可能性に賭けよう、医者の言うままではなく、できるだけのことをしてみよう、という気持ちになってくれた。

 

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム