末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

04_入院

2006年12月20日

 

診断を聞いて、「俺ももう駄目かな…」とポツリとつぶやいていた父は、死という事実に直面し、覚悟を決めていたようだ。
入院前、自力で職場へ出向き、全ての残務処理をこなしてきた。(到底、もうそんなことができる体では無いのに)

 

そして、いよいよ本格的ながんとの闘いが始まる。

 

父は、先日検査を受けた、県下でもかなり大きな総合病院に入院した。
ガリガリにやせ細って衰弱した父の体は脱水症状も激しく、即座に点滴が打たれた。

 

これからは長期戦になるだろう。

 

免疫を高めるため、superAFTMを取り入れる事は決めたが、やはり治療の軸としての「西洋医学」は外すことはできない。(これは当時の考え)
抗がん剤や放射線の副作用が怖いが、現代医療の最先端の治療は施さなければ。

 

父が入院した病院は、大きな病院ではあるが、私はここに現代医学としての治療を全て任せるという気にはならなかった。
やはり、がんにはがん専門の医療スタッフや最新機器の揃った病院で診て貰うのが一番ではないか。
そしてその様な病院でなら、あるいは違う治療法や手術法があって、治す道が拓けるのでは…父のがんにも、違った見解があるかもしれない…

 

その様なことから、東京都内でも随一の「がん専門」と言っていい病院に、セカンドオピニオンに行くことにした。
主治医は快く、セカンドオピニオンの為の紹介状を書いてくれ、資料を揃えてくれたので、早速その病院に出向き、12月22日にセカンドオピニオンの予約を入れた。

 

セカンドオピニオン

 

父には数多くの友人がいるが、その中でも親友である「榮ちゃん」と「ヒロシさん」は、今回父が発病した時から、ずっと付き添って下さっている。
私がセカンドオピニオンに行くと言うと、「一緒に行くよ」と言ってくださった。
お二人とも、重職についている大変忙しい方々なのだが、父の事を本当に心配してくれ色々気を使ってくださる。

 

本当にありがたい。

 

榮ちゃん&ヒロシさんは、私の、がん専門病院でのセカンドオピニオンという選択に大変協賛して下さり、皆で一丸となって父のがんを克服しようという事で、「チームK」(Kは私の名である)なる3人組を結成した。

 

そしていよいよ、「チームK」の初活動といっていい「セカンドオピニオン」に出向いた。

 

この「がん専門(と言っていい)病院」(A病院、としておく)は、建物も大変新しく、素晴らしくきれいだ。
患者にとって快適な空間を豊富にとっており、「父もこんなところに入院させてあげたい」と思う要素がたくさんあった。
もちろん、医療においても最先端の機器は言うに及ばず、専門医が数多くいて、全国から患者が押し寄せ、がんの「駆け込み寺」的存在であるというのも頷ける。

 

待合室にはたくさんの患者さんがいたが、たぶん、皆「がん」または「がん患者の家族」であろう。
皆一様に疲れきった表情を浮かべていた…
世の中には本当にたくさんのがん患者がいるのだな…
私たちと同じように、皆辛い思いをしているのだな…と思いをはせた。

 

セカンドオピニオン予約は16時だったが、なんと4時間も!待たされ(お待ちいただきますとは聞いていたが、これほどとは思わなかった)、20時をまわってようやく部屋に通された。
そこで、消化器内科のC先生という方から、父の治療についての見解を伺った。
以下、その大まかな内容。

 

----やはり、現段階では、今の診断に間違いはなく、これがベストの選択と言える。
手術は今の状態では無理。
今掛かっている病院の消化器科には私も知り合いがいて、いい先生なので間違いはない。
薬・治療法とも、このA病院と同じ。
放射線・抗がん剤、すぐにでも始めた方がよい。

 

Q)つまりは、これしか方法がない、ということは延命治療でしかないということか?
ステージ4ということは末期ということか?

 

----ステージ4といっても、別の臓器に転移している時点で4となるわけで、4だから末期というわけではない。
まだ末期ではなく、あくまで「進行胃がん」。
抗がん剤が効いてきてがんの広がりを押さえる可能性もあるし、放射線によって食道が広がり、食事ができる可能性も5割程度はある。

 

…ただ、正直言って今の状態を見る限りかなり悪い状態であることは確か。

 

明日にでも末期になる可能性があるし末期への移行は時間の問題だろう。
抗がん剤や放射線を施しても、効果があるかないかは、やってみないことには何とも言えない。
でも先程言ったように、全く可能性がないわけではないので、まだ諦めるには早い。

 

Q)こちらに入院させたいのだが。

 

----今空きベッドがなく2〜3ヶ月待っていただく状態。
今現在の患者の状態を考えると入院をそれだけ待つというのはリスクが大きすぎる。
すぐにでも治療を始めた方がいい。
先も言ったように、今掛かっている所でもここと同じ治療が受けられるし、いい先生がいることは保障するので、今のまま、そこで治療することを勧める。

 

セカンドオピニオンが終わり、私は今さっき言われた事実を、心に重く受け止めていた。
父はかなり悪い状態で、末期になるのも時間の問題…食事ができるようになる可能性も5割…もしかしたら、明日をも知れぬ命…

 

先日主治医から衝撃的な宣告をされ、ボロボロになっている今の家族に、どうしてこの様な事が言えようか…ましてや父にこんな話をしたら…

 

父も家族も、もう「治す」どころか、生きていく気力すら失ってしまうだろう。

 

家族には言えない。
厳しい状況の話は私一人の心に留めておけばいい。
榮ちゃんとヒロシさんには、この件に関して本人と家族には言わないよう、口止めさせてもらった。
今の家族に、これ以上の不安を持たせたくはない。

 

私は、小さな嘘でも、家族には少しでも安心をもたらす内容で伝えてあげようと決めた。

 

…セカンドオピニオンは、期待していたような内容ではなかったものの、C先生の私たちに対する真摯な姿勢や誠実な話し方に好感を持てた。
何より「まだ諦めず治療をしましょう」という姿勢がとても伝わり、それがありがたかったし、勇気付けられた。

 

今の主治医は、「もう治るのは無理だからできるだけ延命して終わり」、といった感じで、このC先生のように希望を持たせてくれるような話し方をする人ではなく、事務的で冷たい。

 

またA病院は、ドクター始めスタッフの対応が素晴らしく、本当にここに入院させてあげたいと思ったのだが、2〜3ヶ月待つのは到底無理であるし、放射線は一度始めたら途中で止めることができない(止めてしまったらもうできなくなる)ということなので、現在入院中の病院での治療を開始することにした。

 

このセカンドオピニオンの間も、榮ちゃん&ヒロシさんは、まるで自分のことのように、様々なことを先生に聞いてくださった。
お二人とも、私よりずっとがんに詳しく、かなり突っ込んだ質問などもして頂き、私も気持ち的にずいぶん助けられた。

 

結果として、現在と同じ病院での治療となったが、このセカンドオピニオンは色々な点で、大きな収穫となり、行って良かったと思う。

 

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム