末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

05_放射線・抗がん剤開始

2006年12月25日

 

いよいよ放射線、そして抗がん剤治療が始まった。

 

当初は、放射線のみ最初に行うという予定だったが、セカンドオピニオンに行った後、主治医から「抗がん剤も同時に行います」と言われた。
セカンドオピニオンに行ったA病院のC先生から、主治医にコンタクトがあり、治療計画などについて話し合いが持たれた様子。
それによって、C先生の指摘通り、同時進行の治療に変更したようだ。(やはりセカンドオピニオンの意味合いは大きい)

 

本当は、治療を始める段階でsuperAFTMを摂らせたかったのだが、間に合わなかったので仕方ない。
当初は多少なりとも、副作用が出るかもしれない…心配だ。

 

放射線は、全25回を予定し、土日以外の毎日行う。
父の胃がんは珍しいタイプで、大きく外に膨らんで食道を塞いでしまっている。
その、食道を塞ぐ部分に照射し、がんを小さくして食道の通りをよくする目的である。

 

初めて放射線を当てた父は、「何も感じない」と言っていた。

 

1回2回で副作用がでるとは思っていないが、やはり数を重ねるうち、出てくるのかもしれない。
放射線の副作用は、長きに渡るという。
仮にがんが治っても、その後の人生を放射線の副作用に悩まされる、という話を聞いているので、やはり怖い…

 

 

 

化学療法(抗がん剤)は以下の通り。

 

  1. デカドロン8mg   カイトリル1A   ST3 500ml(90分)
  2. トポテシン60mg/?   5%ブドウ糖 500ml(90分)
  3. ブリプラチン30mg/?   生食 500ml(90分)
  4. プリンペラン2A   ST3 500ml(90分)

 

  *処方箋に記載したい注意事項*
トポテシンは腸管排泄性薬剤の為、腸閉塞に近い症状で投与されると蓄積して重篤な副作用につながる可能性がある。
超病変がない場合も便通は良好にコントロールする。
副作用として、下痢があるため予めロぺミンを渡しておく。
抗がん剤処方書(PDF)

 

 

抗がん剤は、2週間に1回を1クールとし、一番強いという薬を2種類、点滴から投与する。(上記参照)

 

「一番強い、と言っても昔ほど副作用は酷くないですよ」、と主治医は言うが、やはり心配である。
悪心・嘔吐、めまい、食欲不振、脱毛などは、かなりのパーセンテージで起こりうるらしい…そんな思いを父にさせたくないし、そんな父を見るのは辛すぎるだろう…

 

…今日はXmas。

 

隣のベッドの方はがん患者ではなく、病院食に出たクリスマスケーキを食べながら家族と共にクリスマスを祝っている。
父はクリスマスケーキを食べるどころか、水すら満足に飲めず、ただベッドに横たわっているだけだ…そんな父の姿があまりにも哀しく、涙が流れた。

 

2006年12月26日

 

衰弱・脱水症状が激しい父は、点滴から栄養を摂っている。
今日から点滴の入り口を、首の下の鎖骨あたりに変えた。

 

相変わらず食事は全く摂れず、頑張って食べても嘔吐してしまう状態であるから仕方ない。
以前の面影もないぐらいやせ細った姿で、首から点滴を入れている父は、見ているこっちが辛くなるぐらい痛々しい…

 

夜、自宅にsuperAFTMが届いた。
これで少しでもよくなってくれれば…と祈るばかりだ。。。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム