末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

07_年末年始帰宅

2006年12月30日

 

AFTM
症状など
治療内容など

1包

水を一口飲むのがやっと。
水が臭く感じる。
嘔吐はない。

superAFTMも1包がやっと。

血圧低め、熱あり。

家なので安心したのかよく眠れた。

トイレや歯磨きは自力でできるがあとはぐったり寝ている。

年末年始で一時帰宅。 

家では栄養点滴、

 

座薬(鎮痛・解熱)のみ

 

年末年始のため、一時帰宅した。

 

本当に、衰弱激しく、立って歩くのがやっと、といった感じだ。
点滴は私が毎日つけてあげることにした。

 

やはり家というのは落ち着くのか、ゆっくり眠ることができたようで、ほっとした。

 

…余命3ヶ月〜1年内と言われている父が、この家に居られる時間はあとどの位なのだろう…
正月を、家族揃って迎えられるのも、これが最後かもしれない…

 

母も「最後の正月」ということを覚悟していたようだ。

 

もちろん、諦めないし、諦めたくはない。
でも、父の現状を目の当たりにすると、どうしても最悪の状況になった時の事を考えざる得ない。
「父は死なない、絶対に死なせない!」、という思いと「万一、父が死んでしまった時、俺はどうしたらいいのだろう…」という思いで、心の中の葛藤が続く。

2006年12月31日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

1包

1包

水を、500mlペットの半分飲めた。

superAFTMは相変わらず1包がやっと。

朝夕点滴

 

 

2007年1月1日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

2包

2包

superAFTMを飲んでから、がんによる痛みがへった。

(座薬がへった)
あと、なぜか、かかとがザラザラで割れていたのがツルツルになった。
だが本人は、食べ物も何も口にできないし、家族が免疫強化食品を飲め飲めと言ってくるのがプレッシャーに感じるらしく、イライラしている。
下痢。

朝夕点滴

 

 

 

世の中は正月だ。
TVをつけたら「おめでたい、おめでたい」と皆叫んでいる。
でも、私たち家族にとって、今年ほど、「正月」を感じない「正月」はない…

2007年1月2日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

4包

3包

superAFTMを今までで一番たくさん摂ることができた。

かかとの変化で、本人も「これは!」と思ったのか?
下痢は続く。

朝夕点滴

 

 

母が、「肩こりと頭痛が酷い」という。精神的疲労だろう。
試しにsuperAFTMを1包飲んでみたところ、しばらくすると体が温まって症状が軽くなった!
冷え性の姉は飲んですぐ、体がポカポカしてきたと言ってきた。
皆がその即効性に驚愕。
「これは何なんだ??」「こんなにすぐ効くなんて、これって凄いかも…」と、にわかに信憑性が高まってきた。

 

やはりsuperAFTMの免疫活性力にはかなり期待できるかもしれない。
…だが、がんという強敵には、まだまだ時間がかかるかもしれないが。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム