末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

09_父へのプレゼント

2007年1月6日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

3包

2包

熱38℃位。

superAFTMをできるだけ飲ませる為、試しに1包に2包分入れてみた。
口どけがいいので何の疑いもなく飲む。
これからはそうやって、騙して(笑)飲ませる事に。

 

 

やはりこれからの事を考えると、家族のためにも実家に戻る決意をした。
今月中には引越す予定だ。この土日で、ずっと空けていたマンションに戻る。

 

父は56歳だが、背が高くスリムで、身内が言うのは何だが、「ダンディ」という言葉がピッタリくる人だ。今はがんのせいで痩せて弱々しいが、本来の父は、精神的にも肉体的にも、何者にも負けない強靭さを持つ。

 

私が、一番に慕い、憧れる人物が「父」である。

 

病室で弱々しく寝ていても、いくら衰弱していても、「格好いい」父でいてもらいたい。
私は銀座の三越へ出向き、父のためにセリーヌのパジャマとガウン、ソックスを購入した。
父にとても似合いそうな、渋いチェック柄のパジャマだ。喜んでくれるといいが。

神頼み
2007年1月7日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

4包

3包

熱37℃少々まで下がる。

superAFTMを一日2回2包ずつ飲んだ。
(本人は2包だと思っている)
すりおろしりんご・洋ナシスライスを食べた。
明日から病院食(昼食のみ)を出してもらうことに。

 

 

今日は家から持っていったフルーツなどを食べることができた。
確実にsuperAFTMの効果が出てきている。
病院食も出してもらえることになり、これで徐々にでも食事ができるようになれば…と期待。

 

「苦しい時の神頼み」…とはよく言うが、今の私にピッタリの言葉だ。
普段は宗教や神様仏様には無縁の私であるが、今は何にでもすがりたい気持ちである。
「こんな時だけすがってくるなんて調子がいい」などと神様から叱られそうだが、私は父の「病気平癒」のご祈祷をお願いするべく、浅草神社へ向かった。

 

松の内だけあって、境内は初詣客で賑わっている。
社務所で手続きを済ませ、ご祈祷が始まった。
浅草の三社様に頭をたれ、御祓いをし、玉串を御供えして父の病気平癒を心から祈願した。

 

毎年初詣に参拝するが、今年ほど強く祈念したことはなかっただろう。
どうか願い届けてくださいますよう。

食事が…!
2007年1月8日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

6包

3包

朝からsuperAFTMとパパイヤを食する。

昼食に、七分粥・焼鮭・サラダ等が出て、それを約半分も平らげた。
その後も食欲が増してきた様で、食間にも食べ物を欲しがっている。
superAFTMも相変わらず2包ずつ(騙して)×3回飲ませている。

放射線7回目
抗がん剤2クール目

 

食欲が大幅に増してきた。急激な進歩に驚く。
先日「もう口からの食事は無理だろう」と言った医師は、この進歩にびっくりするであろう。

 

点滴で栄養剤を入れ、少しずつではあるが、口からの食事ができるようになってきて、父の顔色がずいぶんよくなってきた。
目にも生気が蘇ってきたようだ。
かつての父の目の、強い光が戻った気がする。

 

今日は抗がん剤2クール目。
この調子で副作用も押さえられるといいが。

 

6日に購入したパジャマとガウンをプレゼントした。
父は大変気に入ってくれたらしく、「他のパジャマは家に持って帰っていい、これからはこれを着るから」と言っていた。
私の見立てどおり、とても父に似合っている。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム