末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

11_床屋へ行く

2007年1月11日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

7包

4包

体の調子が本当によくなってきたお陰で、本人が自ら努力しようとする意思が出てきた。
食事も頑張って食べ、家から持っていったフルーツも積極的に摂っている。
放射線

 

父の、superAFTMに対する見方が変わってきたと感じる。
やはり自分で体感するのが一番なのだろう。

 

父自身の口から「床屋へ行きたい」という言葉が出た。
元気を取り戻してきた結果だ。

 

暮れ正月の頃の事を思い出すと、何と進歩したことか…

 

父は、私がプレゼントしたガウンをまとい、自ら院内の床屋へ出向き、髪を切ってきた。
サッパリと、髪を整えて床屋から出てきた父を見て、「ああ、このままスーツを着たら、バリバリと仕事に打ち込んでいた時の父そのものだ…」と、父の回復に、私は感慨深くなった。
「体重でも量ってみるか」…父の一言で、私と父は、床屋帰りにナースステーション前にある体重計へ向かった。
父が体重計に乗ってみると、驚くべきことに、「5kg」も増えていた!!
抗がん剤を投与し、ステージ4のがん真っ只中の人が「体重5Kg増」なんて…普通は有り得ない。
その時初めて私は、「父は、治る!」 と、確信したのだった。

 

病室へ戻る父の後姿は、かつての、頼もしい父の背中に戻っていた。

2007年1月12日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

7包

4包

微熱あり。
ややだるいようだ。
血液検査の結果、白血球は2200/μlとやや落ちる。
8日の抗がん剤の影響か。
だが1000/μl以下にならなければさほど問題ではないし、superAFTMを摂っていると増幅が早い。

放射線
血液検査

 

それにしても、同室の他のがん患者との差は歴然としている。
皆、副作用に苦しみ、嘔吐したり、頻繁にナースコールしたりし、痩せて顔色も悪くひどいものだ。

 

父はそういった苦しみが全くなく、本人も家族も幸せだ。
顔色も艶々、肌もつるつるで、どう見てもがん患者には見えない。

2007年1月13日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

7包

4包

微熱あり。
体がだるく、食欲が落ちる。
 
2007年1月14日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

7包

4包

髪が抜ける。
やはり一番強い抗がん剤の副作用は強い。
血液検査では、白血球数は2300/μlに増え問題はないとの事。
血液検査

 

ある方が見舞いに来てくださった。
実はこの方は、かつてがんを克服した経験をお持ちである。
その方(Aさん)は、やはり西洋医学に頼っていては治るものも治らないと自覚し、東洋医学による漢方療法を取り入れたそうである。
Aさんは、体のツボに「貼る」タイプの抗がん剤?を使い、がんを完治させたそうだ。

 

Aさんは言う。

 

「誰に言ったって、肩こりじゃあるまいし、湿布みたいに貼る薬でがんが治ったなんて信じやしなかったよ。でもな、それが治ったんだよ。そういうのっていうのはあるんだ。普通の医者の治療だけじゃ、医者の言う通りだ、余命何ヶ月って言われりゃその通り、死ぬだけだよ。でもな、漢方とか、民間療法とか、がんには色々な治療法があるんだよ。それを馬鹿にしちゃ、駄目だ。そういうので治るんだよ。世の中には、信じられないかもしれないけど、そういうものが実際にあるんだ。だから貴方も、息子さんの持ってきたその機能性食品を信じて飲み続けてみなよ、医者のいうことだけ聞いてちゃ死ぬよ?」

 

その様な話を、切々と、とても丁寧に、父に話し続けてくださった。

 

母も一緒に聞いていた。
Aさんの話は、ご本人の体験談だけあって非常に説得力があったようだ。
父も母も、益々、免疫強化食品に対する信頼性と期待を高めたようであった。

胃内視鏡検査前日
2007年1月15日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

7包

4包

食欲8割方。
モルヒネの副作用である便秘が治る
医師から「便秘薬出しましょうか」と言われるが、お通じがいいので断る。
superAFTMの整腸作用のお蔭だろう。
放射線

 

父は、明日の内視鏡検査と次の木曜のCT検査でどうでるかが心配の様子。
「小さくならないまでも、がんがこれ以上拡がっていなければいいが…」と話していた。
実は私も検査結果が出るまでは、どうしようもなく不安で不安で仕方がない。

 

確かに父は、元気を取り戻した。
顔色もとてもよい。
肌も全身ツルツルだ。
食欲も増している。

 

どう見ても、がん患者に見えない状態まで回復した。
だが…実際に、父の体内ではどのようなことが起こっているのだろう。
12月18日にCTの写真で見た父の体内は、がん細胞によって激しく蝕まれていた…今の父を見る限り、あの時の様にがん細胞が体内でのさばっているとは考えにくい。

 

だが、実際はどうなのか。
縮小していてくれれば…いや、もしや拡がってやしないか…母たちも同じ気持ちであろう。
実際にどうなっているのかを見るまでは、安心などできやしない。

 

「もしがん細胞が、12月18日と同じ大きさであるなら、それはよしとしよう。拡がっていない限り、superAFTMあるいは抗がん剤が効いているということだ。問題は、拡がっていた場合だ…」

 

私は、免疫強化食品を家族に勧めた責任も含め、明日の検査の事を考えてどうしようもない不安に苛まれていた。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム