末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

12_胃内視鏡検査

2007年1月16日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

7包

5包

体調、食欲共によし。

放射線
胃内視鏡検査 
血液検査

 

朝4時に目が覚めた。
気持ちばかりが先走っている…今日はいよいよ胃内視鏡検査だ。

 

免疫強化食品を摂り始めてから初めての内部検査である。
大きな不安と僅かな期待で胸が張り裂けそうだ。
気ばかり焦って、いつもよりずっと早く病院に到着した。

 

検査の時間がやってきた。無論、私も父について行った。
検査室外の待合椅子で待たされる…居てもたっても居られない…

 

ちょうど主治医が通りかかったので、思わず「私も一緒に見させていただけますか?」とお願いしたところ、検査終了後、中に入って一緒に見てもいいとの事。
実際にこの目で見たかったので安堵する。

 

…そして、私も胃カメラの映像を一緒に見させてもらった…


驚愕した。
食道を完全に塞ぎ、大きく膨らんでいた父の胃がんが、驚くことに「非常に小さく・白く」なっていた!胃の底に小さく残すのみである…

 

---「腸まで伸ばして、腸内も診てみましょう」…医師が、胃カメラをスルスルと伸ばす…
なんと、腸壁は綺麗なピンク一色であった。
悪そうな部分はどこにも無い。
---「腸内のがんも、全部消えていますね…きれいですね」

 

12月18日に見た画像には、黒く醜く大きながんの塊が、確かにこの胃にあったのだ。
それが、ほとんどと言っていい位消えてしまっていた。 胃内視鏡画像

 

あの時、医師は確かにこう言ったのだ、「今後がんが消えることは、絶対にありません」と。

 

現代医学を覆す、免疫強化食品のパワーに驚愕した瞬間であった。
がんは、これほどまでに小さくなったではないか!!

 

---「食道をふさぐ部分のがんが全くなくなったので、あとはしっかり食事をとって、25回の放射線が終了した時点で退院できますね…」医師が、腑に落ちないといった表情で淡々と言ってきた。

 

私は医師に言った。
「先生、これって凄いことですよね?」
「え、ええ、凄いことですねぇ」
医師は、自分の言った通りにならなかった事で、ばつが悪かったのであろう。

 

母始め家族全員、免疫強化食品のお蔭だと、諸手をあげて喜んだ。
私と同じように心配してくれていた「榮ちゃん&ヒロシさん」も、仕事終了後、即座に駆けつけてくれ、結果を伝えると、まるで自分のことのように喜んでくださった。
ステージ4の胃がん患者が、わずか1ヶ月ほどで退院なんて…1月4日に言われたことが嘘のようだ。
あの時「悪ければ余命3ヶ月」と宣告されたのは、紛れも無くこの父なのだ。

 

免疫強化食品を摂り始めて、わずか半月ほどでこの効果は、凄いとしか言いようが無い。
私はまず3ヶ月のスパンで考えていたのだ。
しかもその3ヶ月間の目標は「食道を塞ぐ部分の縮小」と「食事ができるようになること」だけであった。
レベルが違う。
その目標は楽々クリアし、ずっと先の回復ステージへと進んでいたのであった。
父も非常に喜んでいた。
病室に戻り、1時間もしないうちにsuperAFTMを早速摂っていた。

 

…だが、家族皆が「よかったよかった」と喜んでいる最中、私はまたしても一人不安に襲われていた。
「確かに胃の部分はかなり縮小していた…だが、ほかの部位は??父は体中に転移していたのだ…肝臓始め、体中のリンパ節は?腸の部分は無くなったと言っていたが、やはりCTで見ない限り、まだ安心はできない…もしや他の部位が拡がっている可能性もあるかもしれない…」

 

家族の前では、皆と一緒に「よかったな」と笑っていた私であったが、心の中では新たな不安を膨らませていた…

2007年1月17日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

6包

4包

昨日の血液検査は、CRPが8.17で少し増えてしまっている。
白血球は2600/μlで、前回より増量。
37.6℃の微熱があって少しだるい。
食欲旺盛。
 

 

病院の薬剤師がわざわざやってきて「特別に何か飲んだりしていますか?」と聞いてきた。
昨日の検査結果を鑑みて、抗がん剤と放射線だけで、こんなにがんが小さくなるなんて(しかも短期間で)信じられないからだろう。

 

医師に知られると面倒なので父は「何も飲んでませんよ」と答えておいた。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム