末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

13_CT検査日 カウンセリング

2007年1月18日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

8包

4包

CT検査を行う。
少し体がだるい。
食欲はまあまあ。
りんごも半個食べた。
微熱があるが、免疫活性化の際微熱がでるときいたので、そのせいではないかと思う。

放射線14回目
CT検査
血液検査

 

電話カウンセリング

 

内視鏡検査の結果がよかったからだろう、自分から更にすすんで免疫強化食品を摂っている。
今日は8包も!
肌が艶々で、家族の中で一番顔色がいいので(笑)、見舞い客が驚いている。

 

途中経過を含め、購入元の専門家とカウンセリング。
●superAFTM=免疫賦活作用・腸内環境改善・抗酸化作用
と、それぞれの役割別に有効であるが、更に一気にがん細胞を叩きのめすには、上記とはまた違ったアプローチをかけてみるのも手であるとの事。

 

有効なのが、「鮫抽出脂質」であり、効果は「新生血管抑制作用」。
がんに対してかなりの実績をあげている機能性食品である。
がんに伸びる不正血管を抑制したり、がんが増殖する際の新生血管を阻害する。
つまりがん細胞が生き延びるための血管を遮り、結果としてがん細胞を「兵糧攻め」して死滅させるというもの。
がんの再発防止にも有効との事。
「がんに対する核兵器」と言えよう。

 

ただし、この「鮫抽出脂質」は、手術したり放射線を当てた前後2週間ほどは摂る事ができない。
大人の体は、健康な場合、血管が新生されるということがないため、「新生血管抑制作用」はがん細胞のみに有効である。
しかし、手術や怪我などした場合は、その傷口から新たに血管を再生するため、その再生まで阻害されてしまう恐れがあるからである。
放射線は、照射している部分がいわゆる「火傷状態」なので、これも焼き付けられた細胞から新たに血管が再生されているため、上に同じだ。
父は現在放射線治療中なので、鮫抽出脂質を試すことができないが、放射線終了後の状態をみて、「鮫抽出脂質」についても検討してみようと思う。

 

今日はCT検査であった。
果たして、父の体内はどのような変化を起こしているのか…結果は2〜3日かかるだろう。
心配で毎日よく眠れず。

CT検査の結果
2007年1月19日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

8包

4包

体の調子・食欲ともに良好

放射線 
CT検査結果
血液検査

 

このCT検査の結果を見るまでは、夜もまともに眠れない。
今朝も、胃内視鏡検査と同様神経が高ぶり、ほとんど眠れず早朝に起床してしまう。

 

「もしこのCTの結果が悪かったら…もし他の部位が拡がっていたら…」と、不安が不安を呼び、どんどん悪い方へ考えが傾いていく。
先日の胃内視鏡の結果もよかったし、父の状況を見ても、悪くなっているという要素が無いのは分かっている。
免疫強化食品の効能もよく分かってはいる。
だがやはり、実際にこの目で父の体内を確かめるまでは、心配のあまりどうしても悪い方に頭が動いてしまうのだ。

 

情報の伝わり方は「プラス要素が半分、マイナス要素が2倍」というが、私の場合は、マイナス要素の伝わり方が10倍、と言ってもいい位に。

 

病院についた私と家族は、CT検査の結果が待ちきれず、医師のところへ出向いた。
…CT検査の結果は、すでに出ていた。
そして皆で、その写真を見せてもらった…

 

「え??」

 

「がんが…消えている???」

 

…そうなのだ、がんが「消えて」いるのだ!

 

父の胃の部分に大きく影となっていたがんが、肝臓にあった影が、大腸部分が、他にバラバラとあった影が、無くなっているのだ!

 

----「残っているのは、この胃と肝臓の間にあるリンパの部分だけですね…それも、10cmあったものが5cmに縮小していますね。あとは全部消滅しています」…医師が告げた。

 

あまりのことに、私は自分の目を疑った。
夢を見ているのではないのか…

 

つい一昨日、胃カメラで見たときには、まだ胃の底に少しだががん細胞が残っていたのだ。
それが跡形も無く消えてしまっている。

 

たった二日で消えてしまうとは!!
何ときれいな胃に戻った事か!
私が心配していた肝臓転移のがんも無い!
散らばっていた小さながんも、跡形も無いのだ!

 

…嘘ではない。
自分のこの目で確かめたのだから。 CT画像

 

転移部分は、リンパの部分を1箇所残し、あとは全て消滅していた。
その残ったリンパ部も、当初10cmもあったものが、なんと5cmまで縮小しているのだ!

 

----「…胃のがんが消滅してますので、今後の放射線は残っているがんに照射します」

 

病院でも前代未聞だったようで、医師も不思議で仕方ない、と言った様子であった。
医師としては、腑に落ちない点だらけだし、当初自分が私たちに告げた内容をことごとく裏切られた訳で、説明のしようが無く、居たたまれなかったのだろう。
CTの結果だけ説明してそそくさと退室してしまった。

 

実際にCT写真で見た父の胃は、本当にきれいになっていた。
12月18日に見たそれとは、まるで別人である。

 

「胃がん」と診断された父の胃に、もうがんが無いなんて…
パワーアップした父の「免疫細胞」は、ドラマティックに、ドラスティックに、がん細胞を叩きのめしてくれていた。

 

この選択に間違いはなかったのだ!!
この時やっと、私は、心の底から安堵した。

 

仕事後駆けつけた「榮ちゃん&ヒロシさん」に、家族用食堂でこの結果を報告した。
「やったなっ!!」
お二人から、握手を求められた。
「チームK」の3人で、がっちり握手を交わした。
お二人は即座に、父の会社関係に電話してくださった。
皆一様に驚いていたようだ。

 

このCT結果で、私は、「これで父は助かる。このまま一気にがんは治せる!」と、確信したのであった。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム