末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

15_1ヵ月が過ぎ…

1月19日に見たCT検査結果で、私たちは諸手を上げて喜んだ。
胃がんと言われたにも関わらず、胃のがんが消えた、転移しているがんも、1ヵ所残してあとは消えている、その残ったがんですら、10cmあったものが5cmまで縮小している…私たちはその経過に、心から安堵し、喜んでいた。

 

だがしかし、父は、残っているリンパ部のがんが気になっているようであった。
縮小したとはいえ、5cmである。
父の身になってみれば、5cmのがんが体内にある…というのは大きな不安だ。
健康な人が、突然「あなたの体に5cmのがんがあります」と言われたら、誰でもショックであるし心配で夜も眠れなくなるであろう。

 

これまでの経緯に喜びを露わにしていた私であったが、そのように考えると、父の不安がよくわかる。
…その残ったがんが完全に消え行くまでは、今まで以上に、家族&榮ちゃん&ヒロシさん一丸となって立ち向かい、必ずや打ち勝つ!と、新たに、気を引き締めたのであった。

2007年1月22日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

9包

6包

食欲旺盛。
体調よし。

夜納豆巻半本、野菜ジュース1杯、りんごを食べる。

3クール目の抗がん剤に対応するべく、
superAFTMをたくさん摂る。

放射線
抗がん剤3クール目

 

医師より

 

---例えがんが縮小しても、現在の化学療法の効果は3年半が最長(当病院データ)なので、今後それより長く…というのは考えにくい---

 

…医師は、抗がん剤が効いて父が回復したと思っている故のコメントだ。

 

だがそういう言葉に、今の私は不安を持たなくなった。
なぜなら父の顔色・体調を見る限り、決して、抗がん剤による回復ではなく、免疫力による病気回復 体質の改善 と考えているからである。

 

これは、紛れもなく免疫強化食品による免疫賦活作用の効果であり、だとしたら「化学療法の効果は、もって3年半」などというデータは全く意味のないものだ。
現に、末期がんで、superAFTMを摂り入れた治療により生還し、克服後も長期に渡り元気でいる方が実在しているのだ。

 

…今日始めて、本人の口から「たくさん食べられるようになってきた」という言葉を聞いた。
父本人の言葉に、なんと安堵したことか。

 

 

中国より漢方抗がん剤のサンプルと資料が届く。
早速中身を開け、母に見せた。
母は、「世の中にはすごい薬があるんだね…」と一言つぶやいた。
父ががんにならなければ知り得なかった様々ながん療法に、母も、もう否定的な考えは無い。

2007年1月23日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

6包

6包

血液検査>白血球4000、赤血球8.9 血小板60.9 
白血球の数値も高く、とても調子がよい様子。

放射線
血液検査

 

昨日あたりから、更に元気が増し、非常に調子がいい。
水もたくさん飲める。
ここのところの父を見ていると、発病前より食事量が多い(笑)元気になった分、病室での生活に、些かもてあまし気味…ベッドの上に座って本や新聞を読む余裕も出てきた。

 

この元気さを見ると、「もしかしたら、残っているがんが消えつつあるのかも…」という期待が膨らむ。

2007年1月24日

 

AFTM
L-5000
症状など
治療内容など

6包

6包

抗がん剤副作用で脱毛が進んでいる。
特に後頭部は結構禿げてきた。
丁度枕に当たる部分が擦れるのか。
だがこの脱毛は、抗がん剤終了後また生えてくるので
心配はしていない。

ややNa不足のようなので、生理食塩水を点滴で投与。

放射線
生食点滴

 

またしても薬剤師がわざわざ病室にやってきた。

 

----「状況どうですか」
----「何食べてますか?」

 

などと聞いてくる。
何か探ろうとしているのか?(笑)

 

榮ちゃん&ヒロシさんから「全部がんが消えたらチームKで祝杯をあげような!!」という言葉を頂いた。

 

…勝利の暁に飲む酒は、今まで味わったことが無いほど旨いものになるであろう。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム