末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

17_退院

2007年2月9日

 

いよいよ今日は父の退院だ。
…長かったようだが、数えてみれば、僅か一ヶ月半強の入院生活だ。
私たちにとって、まさに怒涛の如き一ヶ月半であった…

 

ショックで立ち上がれない程のどん底から、奇跡的な回復、そして家族が笑って話せる日々へ…
この短期間に、私たちの状況は目まぐるしく変化した。
長き歳月に感じるのも無理はないのかもしれない。

 

何度も言うようだが、「余命三ヶ月」と言われた進行胃がん患者が、経過良好により2ヶ月弱で退院とは、誰に言っても信じまい。

 

だが、正直言って、この二ヶ月間、私も精神的肉体的にかなり疲労困憊した。
この日は特に疲れ切っていて、朝寝坊してしまった。
時間が無いので、ジャージ姿のまま病院へ。
父は既に退院の身支度を整えて待っていてくれた。

 

そして私は父を乗せ、家路に向かって車を走らせた。
父も私も、正月の一時帰宅の時と比べて、何と気持ちが軽いのだろう。
助手席の父は、どう見ても病人などではない。以前の、元気な時の父そのままだ。
久しぶりの我が家に着いた父がまずしたことは、愛犬を抱きしめることだった。

 

そしてその後、父は、命の次に大切な(?)ゴルフクラブを、せっせせっせと磨いていた。
…父は本当にゴルフが好きなのだ。
早くゴルフに行きたくて行きたくて仕方が無いらしい。
そういう気持ちががんの回復を後押しするのだ。

 

家はやはり一番いいものだ。

 

父の食欲も、病院に居たとき以上に増している。
昼食を食べ終わったその時点で、「今日の晩御飯のおかずはなんだ?」などと聞いている(笑)
夕食は、ダイニングまで食べにきた。
そしてご飯を2杯も食べていた!

2007年2月10日

 

私は、がん家族の会に出席する為都内へ。

 

父は、今までベッドに寝たきりだった為、昨日少し歩いたり動いたことで、筋肉痛になっている。
これから少しずつでもなるべく動き、適度な運動をしていくことで、体力や筋力も少しずつ回復するだろう。

 

食品栄養学専門家とカウンセリング。
退院が決まったこと、父の回復状況を説明。
カウンセラーも、非常に驚き、大変喜んでくれた。
症例中でもかなり回復が早い。
状況からみて、学会発表レベルの回復との事。

 

私は心の中でほくそ笑む。

 

---免疫強化食品に加え、鮫抽出脂質を加えることは、非常に有効。再発防止にもかなり良い。
全て一緒に摂っても、また病院からの薬と併用しても、副作用の心配は全くない。
そしてそのようにして回復した方は、100%、以前の生活(仕事など)に復帰できる。

 

ただし、再発の可能性はある。
でもそれも、免疫力を向上させておけば、10年20年間は再発を防止でき得る。
「体内免疫力(自然治癒力)>がん進行(再発)力」というバランスを保っておけばまず心配することはない。
ただ、以前の生活に戻れた方は、以前のライフスタイルそのままをおくっていたのでは、また同じことの繰り返し=がんに罹ってしまう。
つまり、今後はライフスタイルの見直しが肝要。
向こう5年間を目処に、良好な状態が続くのであれば、「完治」と言ってよいでしょう----
とのことであった。

 

父は言う。
「残ったがんが、例えこのまま消えなかったとしても、元気で普通に暮らせたらそれでいいなぁ」
でも私は違うのだ。
どうあっても「消滅」させるのだ!何としてでも「根治」させるのだ!
そういう強い気持ちで立ち向かわなくては、がんを根治させることなどできないだろう。

 

本当のところ、免疫強化食品だけでも十分だとは思っているが、そこに敢えて、鮫抽出脂質などを加えたのは「完全に」「完璧に」治す為である。
これ以上は無いぐらい、がんを叩きのめす為である。
完璧を目指すのならば、弱気は禁物なのだ。

 

今日、鮫抽出脂質も到着。
摂るのは夜からでいいよ、と言っておいたのだが、父は届いた早々早速摂り始めていた。
父は私に、自分が摂っている機能性食品について、あれこれ聞いてくる。
父も自分のがんを、何が何でも根治させたいのだ。

 

榮ちゃん&ヒロシさんが、魚などの差し入れを持って、自宅へお見舞いに駆けつけてくださった。
当初から変わりなく、ずっと傍にいて何かにつけ励まして下さるこのお二人は、父の真の友人だ。

 

父も早く、このお二人と一緒に、旨い酒を酌み交わしたいであろう。

 

今日都内に行った私は、抗がん剤の副作用で少し髪が抜けてしまった父の為に、帽子を購入した。
ベージュのチェックのハンチングと、カーキのニット帽だ。
父に見せると喜んでくれた。
早速ニット帽を被る。
ハンチングは「ゴルフ用にする」との事(笑)

2007年2月11日

 

父は既に、日中横になることがない。パジャマなども着ていない。
布団を敷いておいてあげると 「いらないから早く片付けろ」などと怒っている。
横になることもなく、座椅子に座ってTVを見ている。
見ている家族が心配してしまう程だ。

 

これが、がん療養中の人かと目を疑う。

 

今年の正月は、この同じ部屋で、同じ父が、布団の中からほとんど起き上がることも出来ず、げっそりと痩せこけて焦点さえ定まらない状態で寝ていたのだ。
まさに「死に行く人」として…。
あれから約一ヵ月…こんなにも変わるものかと父を見るにつけ驚かされる。

 

 

さる御方が私に言って下さった。

 

---こんなにも早く、驚異的な回復を成し遂げたのは、有効な免疫強化食品の効果が大きいが、それに加えて貴方の熱意が本人に伝わったのだ。
貴方の、一生懸命、絶対に治す!という心意気が、言霊が、霊威となって乗り移るんだ。
人間というのは不思議なもので、そういう事があるんだよ----と。

 

…父の発病から今まで、私一人の心にしまい込んだ辛い現実や、全てを取り仕切る重責、時には耐え難い程の思い…その御方のお言葉に、自分の労が報いられた気がした。

 

夜、父は、母や義兄、姉・孫たちと食事に出掛けた。
食餌療法の只中ではあるが、入院中からずっと、外で食事がしたいと望んでいた様だし、かなり体調も良いので、ストレス発散も兼ねての外食である。

 

こんな日が、こんなに早くくるなんて、家族誰も思っていなかったことだ。
嬉しい想定外の出来事である。

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム