末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

18_退院後検診

2007年2月19日

 

退院後初めての検診である。

 

化学療法を取りやめてから、父の体がどうなったのか、それは言わずもがな、だ。
それが今回の血液検査の数字に、どのように出たのか、ここに記しておく。

 

白血球「52」というのは、5200個/μl ということである。基準値 3,900〜8,600個/μl。
CRPは、炎症や組織障害の存在と程度の指標で、炎症性疾患のある場合、炎症や組織破壊の程度が大きいほど高値になり、炎症や破壊がおさまってくるとすみやかに減少する。
基準値0.3 mg/dl以下。

 

抗がん剤の効力が無くなったにもかかわらず、このような良好な数字が出ているというのは“完全に”私が選択した治療法の成果である。

 

次回CT検査(3月5日)が楽しみだ。

 

2007/02/19血液検査報告書(PDF)

 

 


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム