末期がんの完治メソッド

末期がんの完治メソッド【The Power of Immunity】〜免疫活性により進行胃がんに打ち勝った父の闘病レポート〜

20_epilogue〜エピローグ

今の父は、「奇跡とよべる生還」を果たしつつある。

ほんの2〜3ヶ月前まで、まさに「死に行く人」であった父は、現在体の芯から健康体とよべる、はつらつとした毎日を送っている。
父の【QOL】クオリティ・オブ・ライフ〜生活の質は、確実に、格段に、向上した。

 

 

この3ヶ月の出来事が、走馬灯のように頭の中を駆け巡る…

 

2006年12月、父が進行胃がんと判明し奈落の底へ突き落とされたこと。

 

免疫強化食品:superAFTMに出会い、一条の光を見出したこと。

 

家族への説得…なかなか理解してもらえず、苦しんだこと。
やっと理解を得たが、その後は「自分がそこまで推した、この治療法の効果がなかったら…」というプレッシャーに、ずっと悩まされたこと。

 

セカンドオピニオンでも、父の状態がかなり悪く、末期になるのも時間の問題、明日をも知れない命と言われたこと。
それを家族に言うことはとてもできず、自分一人の胸にしまい込んで耐え抜いた日々…。

 

年末年始、一時帰宅した父を見て、この家で迎える最後の正月、そしてもしかしたら、家で一緒に居られるのもこれが最後かもしれないと覚悟したこと。

 

主治医から、口からの食事はもう無理、もってあと3ヶ月と、はっきり告げられた衝撃…。

 

入院当時の父入院当時の父

 

絶対に死なせない、という思いと背中合わせに、もし父がいなくなってしまったら…という不安をいつも抱え、気持ちのコントロールすらできず、心がパンク寸前だったあの頃…。

 

血液検査をする度、白血球や腫瘍マーカーの増減を見て、一喜一憂した日々。

 

神社で病気平癒のご祈祷をし、必死に祈り続けたこと。

 

内視鏡やCTの結果がよくても、やはりいつも心のどこかに、大きな不安を抱えていたこと。

 

・・・・・・・本当に、本当に、辛い日々であった。

 

 

そして、驚嘆すべき、回復力…

 

思い返せば、たった3ヶ月間の出来事。

 

なんという、ドラマティックな日々であったことか…

 

 

父は、まもなく仕事に復帰できるまでに回復している。
大好きなゴルフも、いつでも始められる体に戻った。
食欲もずっと旺盛だ。

 

父本人が、「体の調子が非常にいい」のがよくわかるのだそうだ。
父は今、人間の体が本来あるべき姿になっているのだと、私は考える。

 

superAFTMは、退院後もずっと1日6包摂っていたが、今回のCT結果でがんが見えなくなるまでに至ったので、今後は1日3包に減らすことにした。
父だけでなく、我が家では、ほぼ万病に効くこの機能性食品は、これからもずっとマストアイテムになりそうだ。

 

 

 

…この3ヶ月間、私は様々なことを学んだ。

 

大切な人を失いそうになる恐怖を味わった。

 

がんという病と正面から向かい合い、一心不乱に取り組んできた。

 

がんの根治、そして、人間が健康である為にはどうすればいいのか…

 

父ががんにならなかったら知り得なかったであろう様々な知識を蓄えることが出来た。

 

家族が一丸となって一つの目標に向かい合い、家族の団結力もより強まった。

 

がんとの闘い、そして、時には折れそうになる、自分自身との闘いであった。

 

そして、その闘いに勝つことができた、大きな大きな喜び…

 

…この様々な経験は、私の今後の人生の、大きな糧となるであろう。

 

 

最後に…

 

標準治療を始めとする西洋医学ではおよそ計り知ることはできない力を持つ、“父自身の治癒力”によって父は救われた。

 

そして「難病・末期がんからの生還」作者Sarah様、家族の力、榮ちゃん&ヒロシさんを始めとするたくさんの方々の力で父は生還を果たした。

 

私は今この場を借りて、全ての皆様に御礼を言いたい。

 

本当に、本当に、ありがとうございました。

 

Thank you for your Everything......

 

 

…父にはこれから、永らえられた「命」を、大切に生きていってほしい…

 

2007年3月12日 【Jack】

 

ps.父は2007年4月20日、念願の仕事復帰を果たしました。

 

現在闘病中の方・そのご家族の方に向かって「声を大にして」言いたいこと

 

100%医師の判断が正しいとは限りません。

医師の余命宣告ほどあてにならないものはありません。

だから絶対にあきらめないでください。

すべてを病院まかせにしないで、自分にとって最良の治療法をさがしてください。

がん治療は「三大療法(手術・化学療法[抗がん剤]・放射線)」のみではありません。

食事という処方箋も忘れずに!

このサイトをみて、「あなたの父は奇跡(偶然)だよ」と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

父の完治は必然的な結果です。

がんは絶対に治らない病気ではありません。

 

父の回復に免疫強化食品が大いに寄与したことは確かですが、大切なことは、高品位な機能性食品を摂りさえすれば治るということではない、ということです。

食生活・水・睡眠・ストレス…こういった生活習慣・環境をかなり高めたことが、良い成果につながったと思っています。
いくらいいものを摂っていても、化学療法や乱れた食生活や睡眠不足…etcで体が活性酸素だらけでは、全く意味がないと考えます。

 

どんな素晴らしい機能性食品にしても、例えば西洋医療のクスリにしても、医師にしても、これすべて、「患者のカラダの力を向上させるための手助け」として施すものであり、それ自体が病気を治すものではない、ということを理解しなくてはいけないと思います。
つまり、最終的に病気を治すのは「患者自身が持つ、カラダの力」なのです。
がん患者の生活の心得〜Life Style〜参照

 

その後の検査経過はこちら
父は2015年まで毎年定期検査を実施してまいりましたが、2015/5/15を最後に、定期検査を終了することとしました。
(病院嫌いの父本人の希望による)
その後も父は変わらず元気に毎日を過ごしております。
(大好きなゴルフも相変わらず楽しんでいます)
−2016年某日


 
闘病レポート 生活の心得 解説 診断 その他 コラム